FC2ブログ
winmail.datという添付ファイルの対処法
2010 / 01 / 18 ( Mon )
メールに添付されたファイルを開こうとしたら「winmail.dat」となっていて開けないことがある。

この場合、原因は送信者のメールソフトがOutlook2003や2007の場合に発生するとのことだ。
詳しくはこちら

だから、原因を取り除くという意味では送信者へ以下のように案内して、送信方法を変更してもらうのがいいだろう。
⇒[ツール]-[オプション]-[メール形式] で、[このメッセージ形式で作成する] を [HTML 形式] または [テキスト形式] に変更。更に[インターネット メール形式] をクリックし、[Outlook リッチ テキスト形式オプション] を [HTML 形式に変換] または [テキスト形式] に変更。

とりあえず、「winmail.dat」の添付ファイルをすぐに開きたい場合は、

まず、「fentun」というソフトをダウンロードする。
解凍した「fentun.exe」というファイルに「winmail.dat」をドラッグ&ドロップすると開くことができる。
詳しくはこちら
スポンサーサイト



16 : 18 : 35 | メール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<緑区環境講演会で「見沼田んぼ写真展」を開催します | ホーム | 廃インク吸収体が満杯に近づきましたエラー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ssgk.blog74.fc2.com/tb.php/28-a22eb4c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |