スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
winmail.datという添付ファイルの対処法
2010 / 01 / 18 ( Mon )
メールに添付されたファイルを開こうとしたら「winmail.dat」となっていて開けないことがある。

この場合、原因は送信者のメールソフトがOutlook2003や2007の場合に発生するとのことだ。
詳しくはこちら

だから、原因を取り除くという意味では送信者へ以下のように案内して、送信方法を変更してもらうのがいいだろう。
⇒[ツール]-[オプション]-[メール形式] で、[このメッセージ形式で作成する] を [HTML 形式] または [テキスト形式] に変更。更に[インターネット メール形式] をクリックし、[Outlook リッチ テキスト形式オプション] を [HTML 形式に変換] または [テキスト形式] に変更。

とりあえず、「winmail.dat」の添付ファイルをすぐに開きたい場合は、

まず、「fentun」というソフトをダウンロードする。
解凍した「fentun.exe」というファイルに「winmail.dat」をドラッグ&ドロップすると開くことができる。
詳しくはこちら
スポンサーサイト
16 : 18 : 35 | メール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。